TAISYAKU SUKORA HIGHLANDS

見る

   国定公園帝釈峡

渓水の浸食作用により、高さ40mの巨大な岩盤の下部が長い年月をかけて貫通して

できた天然橋。この橋を架けたのは”神様”または”鬼”ともいわれ、神秘的な佇まいを

留め、昔は備後路を往来する人々が使用していた形跡も残っています。

神石高原町観光協会 ホームページ

ながの村HP

TAISYAKU SUKORA HIGHLANDS

トップページ > 見る 
総延長約740メートルの広島県では一番長い鍾乳洞です。

探訪には予約が必要となりますので詳しくは「ながの村」の

公式ホームページをご覧下さい。
紺碧の湖面の上に真っ赤な橋が印象的な湖で、3つの橋(紅葉橋、神龍橋、桜橋)

を渡って湖を1周する散策コースがオススメです。

また、帝釈峡遊覧船(所要時間40分程度)は、両岸にそびえる断崖や奇岩を船上

から楽しむことができます。

上帝釈峡 雄橋

神龍湖

帝釈峡観光協会 ホームページ

下帝釈峡 幻の鍾乳洞

上帝釈峡は清流を眺めながらゆっくりとウォーキングを楽しむことができます。

紅葉時期の帝釈峡は1年で最も魅力的な季節です。

5月初旬の黄緑に包まれた新緑の帝釈峡も

見逃せません!

帝釈峡一帯の地底には広大な鍾乳洞が無数にあるといわれ、白雲洞は帝釈峡を代表する

鍾乳洞。奥行きが200mほどあり鍾乳石や石筍などが見事に保存されています。

また、洞内は常に11℃前後で夏は涼しく、冬は温かです。

上帝釈峡 白雲洞